アライドテレシスのネットワーク統合管理ソリューション


アライドテレシスは、エンタープライズ・ネットワークに最適なSDN(Software-Defined Networking)
に着目し、ネットワーク管理・運用に掛かるコストやネットワーク管理に必要となる
技術スキルを大幅に下げることを実現するAMF(Allied telesis Management Framework)
を開発しました。
従来方式では個別にスイッチ、ルーター、無線LANアクセスポイントを設定しなければなりませんでした。
ですがAMFはあらゆる種類のネットワーク機器を一元化・自動化・簡素化し、
アライドテレシス独自のSDNにより、高効率ユニファイドマネージメントを提供します。

アライドテレシスは標準規格に準拠したSDNへの対応を進める一方で、
標準規格での対応が難しい自動工事や自動復旧、一斉変更などエンタープライズネットワークに
高い利便性をもたらす仕組みを独自規格のAMFにより提供しています。
このAMFは一元管理・分散マスター処理・自動構築・自動復旧・非AMF装置対応の5つの機能によって
構成され、ネットワーク管理・運用の一元化と簡素化と自立化を行います。
そしてネットワークの運用・管理にかかるコストや必要となる技術スキルを大幅に下げる
ことが可能となります。

アライドテレシスのAMFは、省庁のLANの安定運用や管理の自動化、病院での運用・管理の効率化や
院内ネットワークの集中一元管理を実現しています。
AMFを用いることにより、ネットワークの運用や管理コストを抑制する事が出来ます。
アライドテレシスのネットワーク統合管理ソリューションは様々なメリットが望めます。